2019.11.08

RENAULT PRESSE #93 Column:世界で最も過酷なサーキットと言えるニュルブルクリンク北コースで、歴代メガーヌ R.S.は量産FF車最速の称号を獲り続けている。

  • Renault Presse #093, NOVEMBER 2019
    Words by Hiromune Sano
  • 世界で最も過酷なサーキットと言える
    ニュルブルクリンク北コースで、
    歴代メガーヌ R.S.
    量産FF車最速の称号を獲り続けている。

  •  世界中のスポーツカーが開発のために訪れるスポーツカーの聖地「ニュルブルクリンク」とは、ドイツ北西部にあるサーキットである。そこには2つのコースがあるのだが、聖地としてあがめられるのは、1927年に造られた旧コース「ノルドシュライフェ(=北コース)」である。

     ニュル北コースは山間部を縫って走る全長20.832kmの超ロングコース。そこには長い直線とあらゆる曲率のカーブ(しかもその大半がブラインドコーナー)、荒れた路面、激しい高低差、そしてジャンピングスポットまで揃い、「グリーンヘル」という別名を持つ。この世界一過酷な難コースを速く走ることができるスポーツカーは、世界のどんな道でも耐えられる。つまり、ニュルで速いスポーツカーこそが、優れたパフォーマンスカーとして存在価値を主張できるのだ。

     本物の生きた道で鍛えることを信条とするR.S.もまた、ニュルでのクルマ開発を重視している。実際、歴代メガーヌ R.S.が何度となく「量産FF車ニュル最速タイム」を更新し続けてきたことが、その何よりの証拠。そして、今年4月、新型メガーヌ R.S. トロフィーをベースにした「トロフィー R」が再びニュル最速タイム「7'40"100」を叩き出した。


    • ルノー・スポール タイムアタックチーム。「量産FF車最速タイム」を塗り替えた。


  • ※掲載情報は2019年11月時点のものです。

Renault MEGANE R.S. / メガーヌ ルノー・スポール

 

Renault Japon OFFICIAL SNS